390ADVENTURE入荷しました!


390アドベンチャーがKTM横浜に入荷してまいりました。

お値段車両本体価格税込759,000円です。

他社アドベンチャーモデルに比べちょっと高いですが、その高い理由を説明します。

このブログ読み終わる頃に『安い!』と思ってもらえると思います。

 

で、まずスペックから。

 排気量:373 cm³
 KW出力:32 kW
 トルク:37 Nm
 デザイン:単気筒、4ストロークエンジン
 トランスミッション:6速
 クラッチ:PASC™ アンチホッピングクラッチ、機械操作式
 EMS:Bosch製 EMS ライドバイワイヤー
 フレームデザイン:スチール製トレリスフレーム。パウダーコート塗装
 フロントサスペンション:WP APEX 43
 リアサスペンション:WP APEX Monoshock
 フロントブレーキディスク径 320 mm
 ABS:Bosch 9.1MP Two Channel-ABS (incl. Cornering-ABS and offroad mode)
 シート高:855 mm
 燃料タンク容量 (約):14.5 L
 乾燥重量:158 kg
現行390DUKEベースにタンクがでかくなって足が伸びたかな~という感じですが、各部見ていきましょう。
フロントフォークは最新のWPエイペックス。
ダンピングの調整可能となっております。ストロークは170㎜。
リヤショックもエイペックス。こちらのストロークは177㎜。
イニシャル&リバウンドの調整可能です。
凝った作りのトップブリッジ。ハンドルポストはリジッドマウントで調整可能です。
タイヤはコンチネンタルTKC70。
フロント100/90-19、リヤ130/80-17です。

オプションでクイックシフター+(アップ&ダウン)が装着可能です。33,660円です。

スプロケット抜いてます。スイングアームにチェーンガイド取付用のネジ山発見。

トラクションコントロール、コーナーリングABS標準装備。

KTMマイライドももちろん標準装備。

シート下はこんな感じ。

ETCは余裕で入ります。電源は790同様シート下とメーター下。

タンクはプラスチックです。14.5Lで400㎞くらいの航続距離を見込んでます。

テールカウルは1枚モノでした。なぜかパワーパーツにリアキャリアが無い…。これからかな。

そんなこんなで『金かかってます!』って感じです。KTMのこだわりが感じられます。

 

装備品はこれくらいにして、入荷してきて第一印象は『でけぇ』です。

390DUKEのオフロード版かな~くらいに思ってたら大間違い。

オフロードも立派に走れそうです。プロモーションビデオは本物です(?)。

で、790ADVENTURE Rの横に並べました。小さく見えますよね(笑)。

 

面白いのがエキゾーストパイプ。下通ってます。

DUKEやRCは上でオフなアドベンチャーは下。普通逆ですよね。

まぁ最低地上高の兼ね合いでしょうけど。

 

と、本格的な装備と車格で良くも悪くもKTMとなっております!

こんなご時世ですので、お見積りや納期、パワーパーツのご相談などメール&お電話にてお気軽にどうぞ。

390アドベンチャー 2020モデル

お問い合わせお待ちしております。

+——————————————+
KTM横浜 竹下
〒222-0034 横浜市港北区岸根町552
TEL 045-432-7736 FAX 045-432-7549
https://www.marutomiauto.co.jp/
https://www.marutomiauto.co.jp/category/blog/ducati-blog
ktm@marutomiauto.co.jp
営業時間AM10:00~PM7:00 毎週水曜 第2第3火曜定休
+——————————————+