梅雨入り目前


こんにちは!環2市沢店の佐々木です!

季節が移ろうのは早いもので、やっと暖かいツーリングシーズンが来たと思ったら、もう梅雨入りの季節がやってきました。

梅雨が終わると人間にもバイクにも過酷な暑い夏がやってきます。

1年のうち本当に快適に走ることができる季節は案外少ないかもしれないですね。

さて、梅雨入り前ということで、皆様雨の多い季節の準備はお済みでしょうか?

準備?? と思われた方は、まずは愛車のタイヤを見てみましょう。

ちゃんとミゾ、有りますか?

ツルツルのスリックタイヤみたいになっているのは論外ですが、目視で減っているな、と感じるならば実際は既に交換時期が来ている場合が多いです。(ちゃんと基準は有ります。よく分からない、という方はお気軽にお店スタッフにお声かけ下さい)

タイヤのゴムは減ってくると本来のグリップを発揮しません。下の写真くらい減っているようなら交換を考えるタイミングです。

また溝が少なくなるとハイドロプレーニング現象(溝による排水が追いつかずタイヤが水面に浮いたようになる、というアレです。)を誘発しやすくなります。

グリップに関しては少しづつ落ちてくるので毎日乗っていると気付かない場合も多いと思いますが、ハイドロプレーニング現象は即転倒に繋がるためとっても危険です。

体験した人の話だと普通にまっすぐ走っていたのにツルッ!と感じた瞬間にガッシャーン!!だったそうです。・・・恐ろしい。

 

ちなみに下の写真くらい減っている場合は即!交換です!!

事故を起こしてしまう前に、早めに交換をご依頼下さい!!

もちろん整備の行き届いたバイクでも、くれぐれも雨の日の運転は気をつけて、梅雨の時期を乗り切りましょう!!

それでは!!