【Z900RS CAFE】まさかの・・・レンタル開始 ! !


「Z900RS CAFEを・・・レンタルバイクに ! ?」

思わず耳を疑った。

それもそのはず、ただでさえメーカーからの出荷台数があまりに少なく、新車で販売することすらままならないZ900RS CAFEを、レンタルバイクに登録して貸し出すというのだ。

それも2台。ヴィンテージライムグリーンとパールストームグレーを1台ずつ、である。

発言の主はもちろん丸富オートの長田社長。

すぐさま社内のカワサキ担当者が反論した。

「バカな・・・!世の中にはまだまだZ900RS CAFEが手に入らず、探し回っているお客様だっているんですよ ! ? それをレンタルバイクに登録するなんて・・・」

だが長田社長は揺るがない。

「だからこそだ。お前の言う通り、世の中にはZ900RS CAFEに乗りたくても乗れないお客様が大勢いるはずだ。だったら今ここにあるZ900RS CAFEをレンタルバイクに登録して、一人でも多くのお客様に乗ってもらいたいじゃないか。」

カワサキ担当者はそれ以上反論する術を持たず、ただ立ち尽くすのみだった ━━━━━。 続く

※この物語はノンフィクションです。登場する人物、団体、名称などは、すべて実在のものです。

 

Z900RS CAFE レンタルバイクの

ご予約はこちら!

Z900RS CAFE ヴィンテージライムグリーン

Z900RS CAFE パールストームグレー

さらに!Z900RS メタリックスパークブラックのレンタルバイクもご用意しております!

 

Z900RS CAFE レンタルバイクの

ご予約はこちら!