2017.12.03 キャニスター


皆さんこんにちは、BMW店の竹下です。

 

皆さん最近のBMWになんだか茶筒の様な黒い筒が付いているのにお気づきでしょうか?

 2017年から、ユーロ4の排ガス規制によりモーターサイクルにも燃料蒸発ガス規制が実施されます。

いままで燃料タンクはガソリンが消費されていった時にタンク内が負圧になってガソリンの流れが悪くならないように、何らかの形でタンク上方が大気解放され密閉されないようになっていました。

そうするとガソリンの蒸発ガスが大気中に流れ出て大気汚染になってしまいます。

そこであの黒い茶筒、カーボンキャニスターと言いますが、有害ガスを活性炭の様なもので吸着させてしまい、直接大気に有害ガスを出さないようにしようというものです。

ちょっとだけ重量増にはなりますが、地球にやさしいバイクになったと言う事で。

バイクが地球にやさしくなっていくので、乗る側も地球にやさしい乗り方を心掛けようと思う今日この頃でした。