割れ修理


こんにちは。

ハーレーモール湘南 小林です。

今日は部品の修理について。

 

先日持ち込まれた案件です。

右側のステップをぶつけて、ステップ取り付け部にクラックが入ってしまったものを

修理してほしいとの事でお預かりしました。

お客様は部品交換ではなく修理でお願いしたいと

おっしゃっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部品の状況を確認し、分解します。

割れて位置関係が狂っている部分を修正し、裏側から

溶接していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍍金の部品なので、表面には修正を加えず、裏側からの

修正で形にしていきます。

なんとか形になりました。

 

自分自身もそうですが、思い入れがある物は壊れてしまっても

なんとか直したいと思います。

修理を依頼されたお客様も

「交換ではなく、直した跡が残っても、その部品を使えるのなら使い続けたい。」

とおっしゃっていました。

交換した方が簡単、確実ですが、お客様各々の事情や思い入れに沿って修理し、

お客様に喜んでいただけるとこの仕事のやりがいを強く感じます。

全ての部品が修理できるわけではありませんが、

可能な限り、何でも直せるように技術を磨いていきたいと思った案件でした。