2017.11.04 クラッチワイヤー


こんいちは、BMW店の竹下です。

 

クラッチワイヤー切れです。

クラッチワイヤーがレバーの根元で切れるのは、レバーにはめ込むワイヤーの頭の部分の円柱の部品が、レバーの中で回転しなけれべいけないものが、固まってしまい回転できなくなってワイヤーが金属疲労を起こし折れてしまうのが原因です。

BMWの場合、ワイヤーにステンレスを使っているので、錆びて切れるのは少ないです。

大概今回の場合のように金属疲労で切れる場合が多いです。

 

新しいワイヤーをレバーに取り付け、円柱の部品がスムーズに回転できるか確認してレバーを取り付けワイヤーの遊びを調整します。

BMWの場合レバーの遊びも重要です。

通常は(A)の隙間を調整して(B)の隙間を5mm位にしますが、(B)の隙間がないまま乗られている方をたまに見かけます。昔のフラットツインやK100,1100シリーズはこのワイヤー式のクラッチを使用していますが、クラッチ版が消耗してくると(B)の隙間が無くなってきます。無くなったまま乗り続けると半クラッチ状態と同じになるので、クラッチが焼け、クラッチ板の早期摩耗を招きます。

(A)で(B)の隙間を調整出来なくなったらギアボックス後部のレリーズレバー側での調整が必要になります。

定期点検では必要とあればその辺の調整も行いますので、最近点検してないなとか、ユーザー車検などで最近点検してないなと思われる方は、是非定期点検をお勧めいたします。モトラッドヨコハマまでご用命ください。

タイヤ交換なども特価で行っておりますのでお問い合わせください。

ご来店お待ちしております。