各部の締め付け2


こんにちは。

ハーレーモール湘南 小林です。

今日は前回の続きです。

前回取り外して傷んでいた

Rショックのアッパーマウントナットを製作していきます。

長さも左右で違う物が付いていたので同一の長さにしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナットが出来たので次は傷んだボルトの修正です。

 

ボルト部分を修正していきます。

車体左側のボルトは修正で治りましたが、

車体右側は、ボルトの山部分の素材がかなり痩せてしまっているので、

このままネジ部を修正してもしっかりトルクをかけられるとは思えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネジ部に溶接で肉盛りしてボルト部分を切り直す事も考えましたが、

素材がすでに弱っている事や、火を当てて焼きが入ってしまう事を考えると

長い目で考えると良い手とは思えません。

考えた結果、スタット自体を作り直すことにしました。

続きます。