2017.05.27 イオンは突然・・・


こんにちは 藤沢店 佐藤です。

 

昨日は久しぶりの雨でした。もう、梅雨入り間近でしょうか?

気温的にも過ごし易いこの季節を大事に使いたいですね。

 

今回の修理案件は「突然、エンジンから異音が出る様になった。」との事です。

朝から普通に乗っていて赤信号で停止する為に減速した瞬間から「聞きなれない音」がして、

それからその「異音」が止まらなくなったそうです。

但し、普通には走れるそうです。

125ccスクーターですが、早速「エンジン音」を聞いてみます。

聞いた瞬間に分かる様な「異音」がしました。

正常なら「トッ トッ トッ」って感じなのですが、

この車両は「ダッ ダッ ダッ」と言う感じです。

 

さあ、ここから考えられる要因を絞って行きます。

エンジンオイルは量・質ともに異常なさそうです。

エンジンを始動していない時に後輪を回してみます。

いたって静かです。後輪の車軸やファイナルミッション系や

おそらく、クラッチも平気でしょう。

 

次はエンジンをアイドリング状態にして観察します。

切れ目なく「異音」がしています。

マフラーの出口を塞いでみます。

とても静かですが「異音」はしています。排気漏れではなさそうです。

ちょっとエンジンを吹かして回転数を上げてみます。

するとエンジン回転数に比例して「異音」も鳴る間隔が短くなっています。

 

貫通ドライバーを耳に当ててエンジンの各所の「音」を聞いてみます。

クランク付近よりはヘッド付近の「音」が大きい?

右側よりは左側の「音」が大きい?

 

可能性が有る箇所はクランク・カムシャフト・バルブ?

 

ここまで来ると、非分解で探る限界かなぁ~。

シート周りと外装を外して行きます。

外観からではオイル漏れや冷却水漏れは無いし、破損している様には見えません。

 

ふと、目の前に「カムチェーンテンショナー」が現れました。

(まあ、どうせエンジンをバラすなら外すし・・・)位の感覚で何気なく外してみると・・・

何か手応えが・・・おかしい?

貼り付いているのでハンマーで軽く叩いてみると・・・やはりおかしい?

飛び出て来ない?

 

突然「答え」が現れました。

 

壊れてるやん!!

なんか「スプリング」外れてるし!戻らないし!

 

「カムチェーンテンショナー」はカムチェーンにテンション(張力)を掛ける機器です。

チェーンは元々遊びが大きく、伸びるので「テンショナー」によってチェーンの振れを抑えています。

テンションが無くなると・・・カムチェーンが暴れます。当然、普段はしない「異音」となります。

 

今回の修理は「カムチェーンテンショナー」の交換で完了になります。

交換作業後に「エンジン音」をチェックしましたが、「異音」は消えていました。

 

バイクの調子が気になる方は、お近くの丸富オートにご相談下さい。