2017.4.27 バルブクリアランスの調整


こんにちは、BMW店の竹下です。

定期点検に入庫頂いたK1300Sです。

横置きエンジンのKシリーズの場合、3万キロごとに、バルブクリアランスの点検と、スパークプラグが交換時期になりますが、このK1300Sは6万キロ走行しましたので、今回はその時期にあたります。横置きエンジンのKシリーズの場合、バルブクリアランスを見るにしても、スパークプラグを交換するにしても、ラジエターを外さないと出来ないので、上の写真のようになります。

クリアランスの調整が必要な場合はシムの入れ替えが必要です。今回はクリアランスを測定したところ調整が必要なようです。

シムを入れ替える為にカムシャフトを取り外します。

取り外したシムです。鉄の球を半分にしたような形をしています。4バルブ4気筒エンジンですので、全部で16個ついています。これの厚みを測定して、適切な厚みのシムと交換します。

バルブクリアランスは大きくなるとエンジンの作動音が大きくなりますし、小さすぎるとエンジン不調の原因になりますので、定期的な点検が必要です。

バイクに気持ち良く乗って頂くためにも定期的な点検は欠かせません。

毎年の点検、1万キロごとの点検、車検、いつでもご予約を承っております。

ぜひ、丸富オート販売までご相談ください。