2017.03.30 オートバイライフ 後編


こんにちは! 戸塚駅前店 佐藤です。

前回のあらすじ

自己主張の強いフォークスプリングを制圧すべく、さらなる油圧力増加を求め、手探りながらもオイル粘度変更とオリフィス調整に挑んだがその冒険結果はいかに・・・

 

”いい感じ”です。

 

フロント沈み始めは以前よりも柔らかになりました。(オリフィス増加効果)  車両を押し引きしていても空気圧が低いかなと思うほどクッション性がよくなりましたが、かと言って全体的に柔らかいのではなく、ストローク し始めるとダンパーが効いてしっかりと踏んばってる感があります。(オイル粘度変更とオイル増量効果)

そして気になっていた伸び側、オイル粘度変更で以前よりは油圧効果を感じられますが、個人的にはもう少しダンパーっ気(け)がほしかったのが正直なところです。フォークが沈みきったらゆっくりと伸びてくるのをイメージしていましたが、そこまでの効果が得られませんでした。(やはり直径3mmの穴が曲者だった)

とはいえ、伸び側に多少課題が残りましたが、縮み側の効果が快調で走行中のハンドルに伝わる路面からの段差や振動のストレスがだいぶ緩和され、かと言って柔らかすぎずフォークスプリングの存在も薄れて街乗り中心の使い方の自分にとっては ”いい感じ” に仕上がりました。(以前のセッティングがあますぎたのかもしれないが)

 

オートバイライフ 心のBGM   ”STEPPEN WOLF  BORN TO BE WILD”

 

※今回の作業内容は、フロントフォークのセッティング効果を保障するものではなく、経年劣化に対する応急処置的実験過程のレポートであり、あくまでも個人の見解による感想です。参考までにと捉えて頂けたら幸いです。