2017.3.5 クラッチワイヤー切れ


こんにちは、BMW店の竹下です。

クラッチワイヤー切れです。

ニップルの根元で切れていると言う事は、対外一番右側の部品、ニップルホルダー(通称「タイコ」と呼んだりします。)がクラッチレバーの中でスムーズに回転しなくなって、ワイヤーに加工硬化が起こり、切断してしまったものと思われます。

最近のバイクの物はこのニップルホルダーにテフロンのカバーが付いており、滑りを良くしてニップルホルダーが回転しやすくなっています。

テフロンのカバーが付いていないものは、ときどきニップルホルダーをグリスアップしてあげればなりません。

因みに新品のワイヤーですが、K100,1100またはR系は1100の時代までニップルホルダーは別売です。

ワイヤーが切れたとたん、レバーからストンと落ちてしまう事がありますので注意が必要です。

BMWの修理のことで何かお困りのことがございましたら、ぜひ丸富オート販売BMW店までご相談ください。

スタッフ一同、お待ちしております。