2016.12.10 リコールとなりました


こんにちは! 戸塚駅前店 佐藤です。

もうすぐ今年のノーベル賞受賞式ですが、授賞式欠席のボブ・ディランの代役として、自分が大ファンである, パンクの女王 パティー・スミスがスピーチの代弁、そして一曲お披露目ということでとてもわくわくしています。彼女の感情的で躍動感のある歌声でどうボブ・ディランの曲を表現するか楽しみです。個人的には彼女のイっちゃっていて、凡人にはとても考え付かないような詩に対し、欠席を理由に繰り上げ文学賞受賞にならないものかなんて期待したりもしましたが・・・(村上春樹の小説も好きです)

さて本題ですが, パンク・・・ではなくリコールのお知らせです。

先日、マジェスティーS にリコールが出されました。スピードセンサーとシリンダヘッドガスケット(対象外車両も有り)を対策部品に交換させていただきます。シリンダヘッドガスケット交換に関してはエンジンの分解作業となりますので、車両はお預かりとなります。作業時間等詳細はお近くの丸富オート販売にお問い合わせ下さい。

ところでこの案件、冷却水漏れの題名で以前このブログに載せていました。

066

 

リコール等の改修作業で、その症状の出ていた事例は記憶にそれほど多くは有りませんが、今回はリコールとなってしまったようです。

以前某メーカーサービスの方に、どれくらいの件数の不具合が発生するとリコールになるのか質問したことがありました。答えは件数云々ではなくメーカー側が不具合が出るおそれがあると判断した時とのことでした。今回は稀なケースかもしれません。

これから年末にかけてのお忙しいこの時期、ご迷惑をおかけするかと思いますがご案内が届きましたらお近くの丸富オート販売にお問い合わせください。