メリークリスマス!新色入荷と噂の「アレ」

メリークリスマス!BMWモトラッド横浜・店長の佐々木です。

今年も、はや師走真っ盛りになりましたね~。

まずはG310GSの2020年ニューカラーが入荷致しましたのでご案内です!

 

 

従来の「レーシングレッド」に代わって採用された「ストラトブルー」です。

これまた人気が出そうな・・・。「GS」のロゴは斬新な蛍光イエロー。

車両価格は¥695.000(税込)です。

 

そして、いま巷で話題の「ワークマン」。

 

従来までの「作業着屋さん」から「スポーツ&アウトドア」へと進出してますね。

特に防水ウェアの「イージス」シリーズをはじめ、バイク用にもいろいろ使えるのが出ています。

「見せてもらおうか、最近のエントリーギアの実力とやらを!!」

と、いうことで自分も気になっていたのを通勤用にGETしてみました!

 

 

ワークマン・フィールドコアブランドの「コーデュラEURO・ライディングパンツ」。

BMW純正ウェアにも使われている耐摩耗性に優れたコーデュラ素材を使用した、

一見すると革パンツにも見えるライディングパンツです。

人気らしくここ1~2か月はどこも売り切れてて、たまたま寄ったら自分サイズがあって即GET。

2週間通勤で使ってみたのでちょっとレポートを。

 

◎ポイント

・なんといっても価格!これで¥3900とは思えない。

・薄手ながらインナーフリース素材が暖かい。乗ってないと暑いくらい。

・裾が長めで、乗車したときに足首が露出しないので寒くない。素足だとかかとで踏んじゃいますが。

・裾にリフレクタープリントがされているので被視認性良し。

 

×ポイント

・コーデュラ素材はヒザ前部と内スネ部のみと思われるので、転倒に弱そう。1~2年もつか?

 (BMWウェアはコーデュラを全面採用)

・プロテクターはヒザに薄いスポンジ状のものでほぼ非装備。

・股上が浅く、前傾姿勢のバイクだとパンツ見えちゃう。長めのジャケット必須。

・ワークマンブランド全体に言えることでサイズ設定が小さい。自分で4L・・・。

 

価格と話題性で、ライダーにも注目される1品だと思いますが、

特にビギナーの方は外付けプロテクター付けておいたほうがおすすめかと思います。

自分は秋~冬はBMWシティパンツを愛用してまして、15年間で2本目の耐久性と、

万が一のプロテクション性能を考えれば、純正ウェアも決して高いものではないと思いますよ。

自分も林道ツーリングによく使ってますのでタフさは検証済みです。

 

BMW純正シティパンツ(¥32000)

 

次は「イージス」ブランドの防水性を試してみようかな~!